クレジットカードに頼らない

クレジット払いと現金払いは使う用途に分ける

クレジットカードは、現金を持ち歩かずに済むことや1ヶ月の支払額が一目でわかりやすいのがメリットです。しかし、クレジットを使う習慣が身についてしまうと、いくらくらい使ったかが把握しにくくなり、金銭感覚が麻痺してしまいます。クレジットカードを上手く使いこなしていくには、クレジット払いと現金払いにメリハリを付けて、日頃からクレジットに頼り過ぎないことです。口座と手持ちの現金の金額を決めて、店舗での買い物には現金払いというように決めておくと、使い過ぎをなくせて、計画的に1ヶ月の支出額を決められるようになります。クレジット払いの金額のあらかじめ決めておいて、上限額を登録すると金銭感覚の麻痺を防ぐことも可能です。

クレジットのメリットも考え方によってはデメリットになる

クレジットカードをスーパーやコンビニで頻繁に使ったとします。1回の買い物は金額が少なく何度でも買い物ができ、支払いもスムーズにできるので便利です。支払いが簡単で金額も少意となると、つい油断して買い過ぎてしまいます。中には、少しの買い物ではクレジットカードを出すのは気がひけるからと、余分な物を買い足してしまうこともあるでしょう。
また、クレジットカードで支払いをすると、ポイントが貯まるというメリットがあります。しかし、ポイントを貯めるために「1ヶ月何万以上使う」では損をしてしまいます。クレジットカードを上手に使うには、「1ヶ月、何万までしか使わない」を目標にした方が良いでしょう。ポイントは有効期限もあるので、貯めるよりも少しでも使える時に使った方が効率的といえます。